睡眠障害は80種類以上!その中でも不眠症に悩まされる人が多い!

睡眠障害と一言で言っても睡眠障害は80種類以上もあるということをあなたはご存知でしょうか?

そしてそんな睡眠障害の中でも不眠症に悩まされる人が最も多くなっています。

日本の成人の6~10%が不眠症になっている

日本では成人の6~10%が不眠症になっているというデータもあり、その半数以上が病院で処方された睡眠薬を服用しているという調べもあったと、完全なる社会問題にもなっています。

しかもこの睡眠障害での不眠症は日本以外の先進国でも同様の調査結果が出ていたりと。

社会の高齢化とともに不眠症は徐々に増加傾向にもあります。

不眠症はありふれた病気の一つとなっている

今や不眠症は、糖尿病、高血圧などに続くありふれた病気の一つとなってきているのです。

そして、不眠症というのはなかなか一言ではまとめることは出来ないものとなっています。

不眠症を大きく3つに分けてみると

不眠症を大きく分けると3つに分けてみました。

それではまず一つ目は「過覚醒型」での不眠症、続いて二つ目は「睡眠恒常性異常型」の不眠症、そして最後の三つ目は「リズム障害型」の不眠症です。

※厳密に分けるとリズム障害型といった睡眠障害になりのですが、不眠症と誤診されることも多くなっており、ここでは不眠症として分類しています